トップページ >オーダーメイド名刺 > データ入稿 > データ入稿ガイド



■名刺の入稿データの仕様

 名刺・カード印刷用のデータをご支給いただく場合、トラブル防止のため以下の仕様での入稿をお願いいたします。
項目 プロセスカラー(フルカラー/CMYK) 特色(DIC、PANTONE等)
サイズ 4号サイズ(91×55mm)
欧米サイズ(89×51mm)
その他定形外サイズ (長辺:70〜91mm、短辺39〜55mm)
全面ベタの対応 対応可能
対応アプリケーション

Adobe Illustrator(Macintosh版/Windows版、バージョンはCS4まで対応)
Adobe InDesign(Macintosh版/Windows版、バージョンはCS4まで対応)

入稿ファイルの形式 AI(バージョンはCS4以下)
EPS(バージョンはCS4以下)
INDD(バージョンはCS4以下)
フォント(書体) 全て、アウトライン化(グラフィックス化)を行ってください。
カラーモード CMYK
ICCプロファイル Japan Color 2001 Coated推奨
貼込ファイル
(画像ファイル)
EPS(カラーモード:CMYK / グレースケール、)
TIFF(カラーモード:CMYK / グレースケール)
PSD(カラーモード:CMYK / グレースケール)
※解像度350dpi推奨
入稿メディア

CD-R / DVD-R / USBメモリ / Eメールから
※ファイル容量が7MBを超える場合はご注文フォーム、Eメールでご入稿はできません。
「宅ふぁいる便」を利用するとインターネットを通じて大容量のファイルの受渡ができます。



■裁ち落とし(塗り足し)について

 原稿サイズの端(裁ち落としの位置)までデザインイメージがある場合は、必ず枠より2〜3mm程度外側に塗り足しを作成してください(下記参照)。塗り足しが無い場合、トンボで裁断した際、用紙の端に台紙の紙色が出てしまったり、意図しない余白が出来てしまう場合があります。

■裁断のズレについて

 裁断時に上下左右最大1mm程度のズレが生じる場合がございます。紙の端近くに文字や意匠がある場合、少しのズレでも、見た目には大きく影響を与えることがございますので、データを作成される際は、一定のズレを考慮したうえでのレイアウト・デザインをお願いいたします。(1mm以内のズレによる返品・交換はお受けできませんのであらかじめご了承ください。)

断裁で1mmのズレ(上下左右)が生じた例

■その他の注意事項・免責事項

項 目 内 容
特色の対応について 特色印刷を行う場合は、必ずカラーチップなどの色見本をご支給ください。金・銀・メタリックカラー・パールカラー・蛍光色など印刷する場合は、1色で特色2色扱いとなります。
弊社指定用紙以外の紙で印刷する場合 弊社指定用紙以外にも原則的に対応いたしますが、印刷機との相性により、インクの定着の不良などが発生する場合がございます。印刷の良、不良にかかわらず、用紙代はお客様のご負担となります。
発色について

お客様の制作環境や想定したものと異なって印刷される場合があります。はじめてご注文される場合は、まず最小の枚数(プロセスカラーは20ケース、特色は10ケース)をご注文いただき、ご確認いただいたくことをお勧めいたします。発色が違うという理由での返品・交換はお受けできません。

入稿データの不備について 文字の間違いやオブジェクトの欠落など、入稿データの不備によるトラブルはお客様の自己責任が原則となります。入稿データの不備が原因での返品・交換はお受けできません。
その他 内容により対応できない場合がございます。